サイト内検索
Loading

後見監督QA 

後見監督はどのような場合に終了しますか?
1 後見監督は次の事由が生じた場合に終了します (1) 本人,成年後見監督人が死亡したとき (2) 成年後見監督人の辞任(民法852条,844条) (3) 成年後見監督人の解任(民法852条,846条) (4) 成年後見監督人が欠格事由に該当したとき 2 後見監督の場合は,辞任についての「正当な理由」は後見人の場合よりもある程度緩やかに解釈されています。  もともと,必須の機関ではないことに加えて,本人と後見人との利益相反の問題が解決するなどした場合には,後見監督人の必要性が低くなることなどが理由です。
【法律相談QA】 法律相談の時間の目安はどのくらいですか? メールで相談することはできますか? 法律相談の料金はいくらですか? 費用が幾らくらいかかるのか不安です


タイトル
メールアドレス
お名前 (全角)
お問い合わせ内容
個人情報規約 個人情報規約はこちら
(注)このフォームは簡易お問い合せフォームです。一般的,簡単なご相談であればメールでご回答差し上げます(無料)。 「相談フォーム」もご利用ください。