サイト内検索
Loading

成年後見人の業務 QA

私の母は公営の賃貸住宅を借りて住んでいましたが、このたび成年後見が開始となり、私が成年後見人となりました。母は自立して生活することもできない状態であるため、老人ホームに転居させたいと考えていますが、その後の借りている公営住宅はお金ももったいないので解約したいと思いますが、留意することはありますか?
民法859条の3により、本人の居住用不動産の処分には、事前に家庭裁判所の許可が必要です。 「処分」には、条文上、売却のほかに、賃貸したり、賃貸借契約を解除することも含まれますし、抵当権を設定することも含まれています。 また、事実上の取り壊しも「その他の処分」に含まれると解されています。 これは、居住用不動産が本人にとっての生活の基盤であり心理的にも重要なものであることから、成年後見人のみの判断に委ねず、慎重に処理する必要があるため、家庭裁判所の許可を必要としたものです。 したがって、お尋ねのお母さんが借りていた公営住宅の賃貸借契約を解除する場合は、事前に家庭裁判所の許可を得る必要があります。 事前に家庭裁判所の許可を得ずにした居住用不動産の処分は無効と考えられていますので十分に注意してください。
【関連QA】 成年後見人は,本人が亡くなった後の葬儀費用の準備や墓地や墓石,本人の財産から支出することができますか? 成年後見人は郵便局に届出をして,本人宛ての郵便物を自らの住所などに転送してもらうことが出来ますか? 【法律相談QA】 法律相談の時間の目安はどのくらいですか? メールで相談することはできますか? 法律相談の料金はいくらですか? 費用が幾らくらいかかるのか不安です


タイトル
メールアドレス
お名前 (全角)
お問い合わせ内容
個人情報規約 個人情報規約はこちら
(注)このフォームは簡易お問い合せフォームです。一般的,簡単なご相談であればメールでご回答差し上げます(無料)。 「相談フォーム」もご利用ください。