サイト内検索
Loading

遺言執行に関するQA

遺言執行者になることができる者,なれない者について規定がありますか?
1 遺言執行者の欠格事由(民法1009条) 未成年者と破産者については遺言執行者になることができないとされています。 欠格事由の判断基準時については見解が分かれていますが,遺言執行者の就職についての承諾時点と見るべきであると考えます。 2 法人であっても遺言執行者となることができ,信託銀行などが遺言執行者として指定されている事例は多いです(但し,紛争性のある案件などにおいて弁護士法上の問題があると考えられています)。 受遺者(遺言により特定の遺産等を受け取るとされている者)についても遺言執行者となることができ,実務上も多いです。 3 相続人が遺言執行者となることができるかについては見解が分かれています。
【法律相談QA】 法律相談の時間の目安はどのくらいですか? メールで相談することはできますか? 法律相談の料金はいくらですか? 費用が幾らくらいかかるのか不安です


タイトル
メールアドレス
お名前 (全角)
お問い合わせ内容
個人情報規約 個人情報規約はこちら
(注)このフォームは簡易お問い合せフォームです。一般的,簡単なご相談であればメールでご回答差し上げます(無料)。 「相談フォーム」もご利用ください。