サイト内検索
Loading

遺言執行に関するQA

実務上,遺言書の検認はどのように行なわれていますか?
1 遺言書の原本は,検認期日に遺言書の保管者が提出するというのが通例です(検認期日当日までの間は,保管者が保管しているということになります)。 2 検認手続きに相続人に対しては検認期日の通知がされます。 相続人に対しては立ち会うことの機会を与えれば足りますので,必ず現実の立会いが必要ということではありません。 3 検認に際しては,裁判官が,遺言書原本の形状,破棄の有無や筆記具の特長,などを確認し,また,相続人に対して筆跡が被相続人のものであるかどうかなどの質問をなし,その結果は検認調書として記載されます。 4 検認手続きが終了したときは,裁判所書記官は,検認済み証明書を作成し,これを遺言書末尾に編綴,契印して,遺言書を申立人に対し,返還します。 検認手続きに立ち会わなかった相続人に対しては検認の通知がされます。
【法律相談QA】 法律相談の時間の目安はどのくらいですか? メールで相談することはできますか? 法律相談の料金はいくらですか? 費用が幾らくらいかかるのか不安です


タイトル
メールアドレス
お名前 (全角)
お問い合わせ内容
個人情報規約 個人情報規約はこちら
(注)このフォームは簡易お問い合せフォームです。一般的,簡単なご相談であればメールでご回答差し上げます(無料)。 「相談フォーム」もご利用ください。