サイト内検索
Loading

特別の方式の遺言(危急時遺言、隔絶地遺言)に関するQA

危急時遺言とはなんですか?
危急時遺言は、遺言者に死の危険が迫っている場合において、自ら遺言を書いたり署名押印することができない場合に認められている遺言です。臨終遺言とも呼ばれています。 危急時証書遺言の要件としては民法976条1項に次のとおり定められています。 1 疾病その他の事由によって死亡の危急に迫った者が遺言をしようとすること 2 証人3人以上の立会いをもって、その一人に遺言の趣旨を口授すること 3 その口授を受けた者が、これを筆記して、遺言者及び他の証人に読み聞かせ、又は閲覧させ、各証人がその筆記の正確なことを承認した後、これに署名し、印を押すこと
【関連QA】 自筆証書遺言とは何ですか? 秘密証書遺言とはどのようなものですか? 公正証書遺言とはどのようなものですか? 【法律相談QA】 法律相談の時間の目安はどのくらいですか? メールで相談することはできますか? 法律相談の料金はいくらですか? 費用が幾らくらいかかるのか不安です


タイトル
メールアドレス
お名前 (全角)
お問い合わせ内容
個人情報規約 個人情報規約はこちら
(注)このフォームは簡易お問い合せフォームです。一般的,簡単なご相談であればメールでご回答差し上げます(無料)。 「相談フォーム」もご利用ください。