サイト内検索
Loading

信託に関するQA

信託とはどのようなものですか?
1 信託とは財産を託し,預けるということですが,法律的には「信託法」という法律によって規定されています。また,業として信託を行う場合について「信託業法」も制定されています。 信託法は平成19年に改正され,不明確であった点についての法改正などが行われ,使いやすい制度に改正されています 2 一般の個人の方にはあまりなじみがなく,せいぜい「信託銀行」とか「投資信託」といった言葉を耳にする程度かもしれません。 しかし,典型的な贈与や遺言といった制度では達成できない目的のために信託を活用することが有用な場合があります。 信託は,相続や遺言のみに限った法制度というわけではありませんが,一般の個人の方については,特に,相続や事業承継に関しての利用が考えられるところですので,本ホームページでは老い支度の分野において取り上げることとしています。 3 なお,信託制度を利用する場合には,法務的な側面は勿論のこと,税務的なアプローチも必要になってきます。
【関連QA】 知的障害のある息子を残して先立つことになりそうですが,息子が遺産を相続したとしてもうまく管理できないことは明かですし,誰かにだまし取られてしまうリスクもあります。よい方法はないものでしょうか? 信託するにはどのような方法がありますか? 信託された財産は誰のものになるのでしょうか? 信託業の免許を持っていない者を受託者として信託することは出来ますか? 【法律相談QA】 法律相談の時間の目安はどのくらいですか? メールで相談することはできますか? 法律相談の料金はいくらですか? 費用が幾らくらいかかるのか不安です


タイトル
メールアドレス
お名前 (全角)
お問い合わせ内容
個人情報規約 個人情報規約はこちら
(注)このフォームは簡易お問い合せフォームです。一般的,簡単なご相談であればメールでご回答差し上げます(無料)。 「相談フォーム」もご利用ください。