サイト内検索
Loading

高齢者の住まいQA

認知症高齢者グループホーム(認知症対応型共同生活介護施設)とはなんですか?
老人福祉法5条の2の6号、介護保険法8条18項の施設で、原則として65歳以上の認知症の高齢者が、小規模な生活の場に居住し、食事の支度、掃除、清掃等をグループホームの職員と共同で行い、家庭的で落ち着いた雰囲気の中で生活を送ることを目的とする施設です。 高齢者が共同生活をしながら介護サービスを受けるというものですが介護保険法上の施設サービスではなく、各自の居室がそれぞれの家と捉えて、居宅サービスを受けているということになります。 介護保険法に定められた地域密着型のサービスの一つであり、要支援者(要支援2のみ)、要介護者(要介護1以上)が対象となります。
【関連QA】 施設介護の場合の高齢者の住まいとしてはどのようなものがありますか? 特別養護老人ホーム (介護老人福祉施設)とは何ですか? 介護老人保健施設(老健)とは何ですか? 介護療養型医療施設とは何ですか? 軽費老人ホーム(ケアハウス、A型、B型)とは何ですか? 養護老人ホームとは何ですか? 有料老人ホームとは何ですか? 【法律相談QA】 法律相談の時間の目安はどのくらいですか? メールで相談することはできますか? 法律相談の料金はいくらですか? 費用が幾らくらいかかるのか不安です


タイトル
メールアドレス
お名前 (全角)
お問い合わせ内容
個人情報規約 個人情報規約はこちら
(注)このフォームは簡易お問い合せフォームです。一般的,簡単なご相談であればメールでご回答差し上げます(無料)。 「相談フォーム」もご利用ください。