サイト内検索
Loading

財産管理契約QA

どんな場合に財産管理契約を結んでいる方が多いのですか?
 成年後見制度は精神上の障がいにより判断能力が衰えた方のための制度ですので、判断能力は十分にあるけれども足腰が不自由になったなどの理由で金融機関に行けないといった方には利用できないことになっています。そこで、身体的な不自由のために財産管理を委ねたいという方が財産管理契約を利用されることがあります。 また、アパートの管理など少し複雑な資産管理が必要になる方や、自宅に重要な書類を置いておきたくないなどの理由で利用される方もいます。 さらに、ホームロイヤー契約と同じように、任意後見契約を締結するまでのお試し期間的な意味合いで財産管理契約を利用される方や、任意後見契約を結んだ後であっても認知症などにより判断能力の衰えが出るまでの期間の財産管理を委ねるという方も多くいらっしゃいます。
【法律相談QA】 法律相談の時間の目安はどのくらいですか? メールで相談することはできますか? 法律相談の料金はいくらですか? 費用が幾らくらいかかるのか不安です


タイトル
メールアドレス
お名前 (全角)
お問い合わせ内容
個人情報規約 個人情報規約はこちら
(注)このフォームは簡易お問い合せフォームです。一般的,簡単なご相談であればメールでご回答差し上げます(無料)。 「相談フォーム」もご利用ください。