サイト内検索
Loading

ホームロイヤーQA

どんな場合にホームロイヤー契約を結んでいる方が多いのですか?
 お年寄りの方が個人版の顧問弁護士としてホームロイヤー契約を締結されるというケースもありますが、任意後見契約を結ぶかどうか決める際にホームロイヤー契約を締結するケースもあります。 任意後見契約は、認知症などになり判断能力が衰えた場合に財産に関する代理権を与えておくという制度ですが、信頼できる人を任意後見人に指定しておくというのがとても大切なことになります。 そこで、弁護士を任意後見人として考えている場合であっても、まずはホームロイヤー契約を締結して色々な相談事を相談する過程で信頼関係を醸成し、任意後見契約を結ぶかどうかを決めるという使い方もあるわけです。
【法律相談QA】 法律相談の時間の目安はどのくらいですか? メールで相談することはできますか? 法律相談の料金はいくらですか? 費用が幾らくらいかかるのか不安です


タイトル
メールアドレス
お名前 (全角)
お問い合わせ内容
個人情報規約 個人情報規約はこちら
(注)このフォームは簡易お問い合せフォームです。一般的,簡単なご相談であればメールでご回答差し上げます(無料)。 「相談フォーム」もご利用ください。